お知らせ

へるす出版が発刊する『在宅新療0-100(ゼロヒャク)』2018年5月号の特集は “エビデンスに基づく非がんの症状緩和;疾患横断的にみる症状評価と緩和ケア” です。

その中で【非がん疾患における摂食嚥下障害の評価と対応】についてまとめています。

「食べること」は、栄養摂取としてだけでなく、生きる喜びやコミュニケーションとしても重要であり、非がん疾患を有する患者において、終末期までの切れ目のない食支援が必要です。

当院では食支援の一環として、飲み込みの機能の衰えが気になる方、改善を目指している方に対して、嚥下検査・摂食訓練を実施しています。

ご相談等ございましたらお気軽にご連絡ください。

  • お知らせ
  • 地域貢献活動
  • 採用情報

ページの先頭へ